ブラックハットSEO・ホワイトハットSEOとは

SEOとはサーチエンジン最適化の事で

適切な処置を行う事で、グーグルでの

順位を上げる事を言います。

 

ググると言う言葉があるように、

ネットで調べる時に検索エンジンを

使う人は約9割と言われています。

 

SEO対策を実施すれば検索エンジンで

上位表示され、アクセスが増えます。

 

 

タイトルにあるブラックハットSEOとは、

早い話ズルして検索順位を上げる事です。

 

 

ブラックハットSEOで分かりやすいのが、

隠しテキスト、小サイズフォントです。

 

グーグルはキーワードを拾っているので、

「アフィリエイト」で表示させたい場合は、

「アフィリエイト」と言う文字を含めて

記事を書く必要があります。

 

ただ露骨にキーワードを連打すると

読んでる人が不快に思うので、

改行などのスペースに背景と同色の文字で

「アフィリエイト」を連打します。

 

すると読者には文字が透過して見えない、

でもグーグルはキーワードを拾ってくれる、

これを隠しフォントと言います。

 

 

背景と違う色の文字でも極めて小さい文字で

連打すれば読者はパッと見分かりません、

でもグーグルは文字の大きさに関係なく

キーワードを拾ってくれます、

これを小フォント戦法と言います。

 

読者さんにとっては得のない方法ですが、

グーグルで上位表示させるため

昔はテクニックして実施されてましたが、

現在やると検索順位を下げられます。
 

 

 

逆にホワイトハットSEOは正攻法で、

検索順位を上げる方法を言います。

 

タイトルに重要なキーワードを入れる、

HTML、CSSを最適化してサイトを綺麗に見せる。

 

このようにサイトを改善すれば、

読者に取っても使いやすくなり、

良いサイトへ辿りつけたと、

グーグルの評価も高くなります。

 

 

検索時にマッチした情報を提供する為

グーグルは日夜改善を行っています。

 

それはなぜかと言うと、検索時に

マッチしてない情報を提供すると

グーグルは使いにくいから、

他の検索エンジンを使おう、となるからです。

 

なのでグーグルはお客様に喜んでもらう為、

ブラックハットSEOを行うサイトを排斥したい

と考えています(実際バレるとペナルティがある)

 

なので読者に取ってプラスになり、

グーグルに取ってもプラスになる

ホワイトハットSEOを行うのが良いです。

 

 

 

 

明らかなブラックハットSEOは

検索順位を下げる事になるので、

ブラックハット・ホワイトハットSEO間の

グレーゾーンを上手く利用し上位表示を

狙うのが テクニックとも言われます。

 

 しかしグーグルの規約は変化が激しく、

当時はテクニックとして行われていた事が

スパム(迷惑行為)と認識され、

検索順位を下げられる事もあります。

 

 なのでリスクを考えると正攻法で

サイトを作るのが正しいと言えます。

 

 

 

将来的にはSEOは薄れて行き、

コンテンツが重要になると言われてます、

つまり小手先のテクニックより

サイト充実度が重要になるわけです。

 

現時点ではSEO対策に意味はあるので、

ある程度のSEO対策を行いつつ、

コンテンツを充実させ、訪問者に

愛されるようなサイトを作るのがベストです。

 

記事を書いた後にちょうど良い無料レポートを発見。

ブラックハットとホワイトハット その特徴と具体例を学んでSEOに生かそう



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ