グーグルアドセンスを使用出来ないサイト

グーグルアドセンスはブログさえあれば

誰でも申請を行う事が出来ます。

 

しかし犯罪を助長したり、イメージダウンに

つながるサイトは許可が下りませんし、

 

承認後にそのようなサイトに広告を貼った場合、

プログラムポリシーに違反したとして、

アカウント停止になる危険があります。

 

グーグルアドセンスが使用出来ない例

以下のコンテンツを扱うサイトには

グーグルアドセンスを利用出来ません。

 

・成人向け、エロ関係

・著作権侵害

・ギャンブル関連

・お小遣いサイト

・暴力関連

・武器、兵器関連

・タバコ、アルコール、麻薬関連

・ハッキング、クラッキング関連

・個人、集団を誹謗中傷をする

・その他犯罪を助長する行為

 

 

この中で特に注意する必要があるのが、

お小遣いサイトです。

 

アフィリエイト関連のサイトも

お小遣いサイトに該当する恐れがあり、

申請しても断れる可能性が高いです。

 

アフィリエイトを始めようと思った時、

頭に浮かぶのがアフィリブログでしょうから、

この点に関しては注意が必要です。

 

もしアフィリブログに貼りたい時は、

趣味ブログでアドセンスの申請をして、

その広告をアフィリブログに貼る方法があります。

クリック報酬型サービスは一つに絞る

また一つのサイトに複数のクリック報酬型

広告を貼るのはお勧めできません。

 

例えばアドセンス、忍者アドマックスを

併用すると言う感じです。

 

 

リスクヘッジを考えて両方利用した方が良い、

と考える方もいるでしょうが、両方の広告を貼ると、

それだけクリックが分散します。

 

アドセンスの場合は最低支払額が1万円なので、

広告を分散していると、なかなか支払額に

到達しないと言う事が発生します。

 

リスクヘッジを考えるなら1つのサイトに忍者、

1つのサイトにアドセンスと言う風に、

1サイト1広告サービスを守りましょう。

グーグルアドセンスを貼れない無料ブログ

無料ブログサービスによっては

アドセンスの広告を貼れない所があります。

 

ヤフー、アメーバ、楽天に関しては

アドセンス広告を貼る事が出来ません。

 

また規約変更により、現在はOKでも

NGになる可能性もあるので、

無料ブログ登録前に規約を確認しておきましょう。



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ