グーグルアドセンス広告の種類、お勧めの広告はコレ!

グーグルアドセンスには様々な広告が用意されており、

広告によってクリック率が変わって来ます。

 

今回はアドセンスの広告の種類と

実体験に基づいたお勧め広告を紹介します。

 

アドセンスの広告には以下の物があります。

 

・コンテンツ向けアドセンス

・検索向けアドセンス

・モバイルコンテンツ向けアドセンス

・フィード向けアドセンス

・ドメイン向けアドセンス

・動画広告

 

 

この中で主力として使うのは一番上の

コンテンツ向けアドセンスです。

 

個人的にな使用感としては、

フィード・ドメイン・モバイル向けは

儲からないです(サイトによって違うでしょうが)

 

コンテンツ向けアドセンス、広告ユニット

主力としてコンテンツ向けアドセンスには

広告ユニット、リンクユニットがあります。

 

s-2013y07m19d_165501495

広告ユニット

 

広告ユニットは画像のようなバナータイプ、

リンク付きテキスト形式があります。

 

これは両方表示されるように選択した方が、

クリック率が高いとグーグルがアナウンスしてます。

 

右上の赤四角に!マークのような物があり、

これでアドセンス広告か、普通の画像か

見分けれるようになっています。

 

コンテンツ向けアドセンス、リンクユニット

もう一つのリンクユニットは以下のようなタイプです。

 

2013y07m19d_170638902

 

このようにリンクが複数に並ぶ広告で、

サイトのカテゴリー上に設置する事で

一体感が出て広告臭さが減り、クリック率が向上します。

 

アドセンス広告の大きさ

コンテンツ向けアドセンスには様々な

大きさがあり、以下のようになります。

※表示形式 (横×高さ)

 

・ビッグバナー(728×90)
・バナー(468×60)
・ハーフ バナー(234×60)
・ボタン(125×125)
・スカイスクレイパー(120×600)
・ワイド スカイスクレイパー(160×600)
・レクタングル(小)(180×150)
・縦長バナー(120×240)
・スクエア(小)(200×200)
・スクエア(250×250)
・レクタングル(中)(300×250)
・レクタングル(大)(336×280)
・ハーフ ページ(300×600)
・モバイル バナー(320×50)
・ビッグバナー(大)(970×90)

 

 

この中で特にクリック率が高いのは、

レクタングル(大)、ビッグバナーです。

 

広告サイズが大きいと広告感が出るので、

サイトのイメージは悪くなりますが、

小さいサイズよりクリック率は高いです。

 

サイドバーに設置するワイドスカイスクレイパーは

広告臭さが強いのか、クリック率は低いです。

 

 

今回は広告の種類を説明しました、

次回はどこに設置すると効果的か説明します。



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ