3D-BOXブックメーカー無料作成、3D-boxmakerの使い方

ASPが用意するアフィリエイトの

商品バナーは平面の物が多く、

立体に比べると請求力が落ちます。

 

平面画像を立体にするソフトで有名なのが

「クイック3Dカバー」ですが有料です、

そこで今回は無料で使える

「3D-boxmaker」の使い方を紹介します。

※IEだと作成後の画像を保存出来ません、

chrom、Firefoxを事前に入れるか、

キャプチャーソフトで保存してください。

 

3D-boxmakerの使い方

3D-boxmakerなら無料で簡単に作れます。

2013y07m20d_103334687

3つの画像を作成

 

まず正面画像、側面、上面画像を用意します。

次に「3D-boxmaker」にアクセスします。

 

2013y07m20d_102908344

赤枠から作成するタイプを選択

 

本、CD&本、3D-box、CD、DVDの

5種類から作成タイプをチョイスします。

※今回は真ん中の3D-boxを使用

 

2013y07m20d_102934137

画像を選択する

 

上から正面、裏面、側面、上面です。

裏面は見えないので正面と同じでOK、

なので最初に3種類画像を用意したわけです。

 

画像の選択が終わったらすぐ下にある

ボタンをポチッと押します。

2013y07m20d_103239547

マウスで方向を変えれる

 

出来た画像はマウスで方向を変えれます。

 

2013y07m20d_103213916

これで完成です、思った以上に簡単でした。

 

下にPNG、JPG、GIFの3種類ボタンがあり、

クリックで保存出来ますが、冒頭で書いた通り

IEだと上手く起動しません。

 

chrom、Firefoxを事前に入れるか、

キャプチャーソフトで保存してください。

※私はIEで作り、キャプチャーしました。

 

 

3Dカバーと言うと難しいイメージがあり、

今まで手を出してませんでしたが、

実際にやってみると簡単に作成出来ました。

 

まだ作った事がないと言う人は

試しに作ってみてください。

 

アフィリエイトの基本

アフィリエイトとは

アフィリエイトのメリット・デメリット

アフィリエイトで月5000円以上稼ぐのは全体の5%

ASPとは

グーグルアドセンスとは

情報商材とは

アフィリエイト書籍は役立たず

アフィリエイトで月10万稼ぐまでの道のり

 

ブログ開設について

無料ブログのデメリット

無料ブログ徹底比較

無料ブログの選び方

サーバー、ドメインとは

 

記事の書き方

1ブログ1テーマ、1記事1テーマが基本

ターゲットに合わせた記事を書く

インプット・アウトプットの重要性

 

アクセスアップ

ブログのアクセスアップ

SEO対策とは

コメント回りをする理由

記事を増やしてアクセスアップ

アクセス解析とは

 

動画マニュアル

Gメール取得方法

ヤフーメール取得方法

楽天アフィリエイトの登録方法、商品リンクの貼り方

シーサーブログ登録方法・初期設定

シーサーブログのカスタマイズ方法・広告の消し方

シーサーブログ記事の書き方

 

 

図解マニュアル

グーグルアドセンスの登録方法

グーグルアドセンス、コンテンツ向け広告の作り方

インフォトップからの購入特典請求方法

ドロップボックスの登録方法

おきてがみの設置方法

3D-boxmakerの使い方

あし@の設置方法説明

ワードからPDFファイルを作る方法



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

2 Responses to “3D-BOXブックメーカー無料作成、3D-boxmakerの使い方”

  1. かずぱんさん

    はじめまして!
    @JOと申します。

    3Dメーカーは、情報商材アフィリエイトをするなら必須のツールですよね^^
    私は、クイック3Dを使っていますが、この3D-boxmakerでも十分キレイな物が作れますからね。

    図解入りでしっかりと説明されているので、初心者さんに分かりやすいですね~♪

    では、また来ます!
    応援しておきました^^

    • インフォ塾長かずぱん より:

      @JOさんへ

      2次元と3次元では与える印象が違うので、
      3Dメーカーは必要ですよね(´∀`)

      クイック3Dカバーも有料ですが、
      価格から考えると投資するのもアリですよね。

      とりあえずは無料の3D-bpx-makerで作って、
      扱う教材が増えて来たら導入を検討します。

コメントを残す

このページの先頭へ