グーグルアドセンス、コンテンツ向け広告の作り方

グーグルアドセンスで主力となる、

コンテンツ向け広告の作り方を紹介します。

 

まずアドセンスの管理画面に入ります。

2013y07m23d_203501718

管理画面の広告の設定をクリック

 

管理画面にログインしたら、ナビゲーションの

広告の設定をクリックします。

 

2013y07m23d_203541779

新しい広告ユニットをクリック

 

次にコンテンツ向けアドセンスの

広告ユニットをクリックし、

新しい広告ユニットをクリックします。

 

 2013y07m23d_203629137

広告の項目設定

 

名前は自分が分かりやすい名前にしましょう、

私の場合は「ブログ名+設置位置」にしてます。

例)かずぱんブログ 右サイドバー

 

広告サイズに関しては推奨がお勧めです、

詳しくは「アドセンスお勧めの広告はコレ」を

参考に決めてください。

2013y07m23d_203629137

広告タイプ、代替広告設定

 

広告タイプはテキストとイメージ/リッチメディア広告が良く、

特にこだわりがない場合はこれにしましょう。

全ての広告が表示されるので収益が上がりやすいです。

 

ただサイトのイメージダウンを考えて、

画像の広告を出したくない箇所には、

テキスト広告を使うようにしてます。

 

 

 

代替え広告とはアドセンス広告が、

表示されない代わりに表示させる広告で、

機会損失をなくす事が出来ます。

 

これに関しては慣れて来たら設定しましょう、

最初は空白スペースを表示でOKです。

 

2013y07m23d_203843865

広告ユニットの色合い設定

 

最後に広告ユニットの色合いを選択します、

基本的にはデフォルトでOKです。

 

重要なのは枠線の色です、

背景が白色の場合はデフォでOKですが、

異なる場合は背景色と合わせましょう。

 

枠線があると広告感が強く出るので、

クリック率が目に見えて低下します。

 

枠線を背景と合わせる事で、

広告を背景と溶け込ませる事が出来ます。

 

 

 

最後に保存してコードを取得をクリックし、

広告コードを自分のサイトにコピペするだけです。

 

サイトのどこに挿入すれば良いか分からない、

と言う方はいると思います。

私自身も最初は分かりませんでした(;´∀`)

 

ブログ管理画面からHTML編集へ行き、

貼り付け→ブログ確認を繰り返しましょう。

 

失敗した時に備えて事前にテンプレを

コピーして置く事をおススメします。

 

 

HTMLのrightが右サイドバー、leftが左サイドバー

center、entry等が記事内、titleがタイトルです。

 

何度も何度も貼り付け→ブログ確認を繰り返せば、

最終的には貼りたい箇所に貼れます、

私が初心者の頃はこのやり方でした(;´∀`)

 

 

無料ブログの場合は規約で広告を禁止、

HTMLが編集出来ない事があるので注意しましょう。

 

ブログサービスによって違いがあるので、

分からない方はメールをくだされば、

返信もしくは記事に取り上げて解説します^^
 

アフィリエイトの基本

アフィリエイトとは

アフィリエイトのメリット・デメリット

アフィリエイトで月5000円以上稼ぐのは全体の5%

ASPとは

グーグルアドセンスとは

情報商材とは

アフィリエイト書籍は役立たず

アフィリエイトで月10万稼ぐまでの道のり

 

ブログ開設について

無料ブログのデメリット

無料ブログ徹底比較

無料ブログの選び方

サーバー、ドメインとは

 

記事の書き方

1ブログ1テーマ、1記事1テーマが基本

ターゲットに合わせた記事を書く

インプット・アウトプットの重要性

 

アクセスアップ

ブログのアクセスアップ

SEO対策とは

コメント回りをする理由

記事を増やしてアクセスアップ

アクセス解析とは

 

動画マニュアル

Gメール取得方法

ヤフーメール取得方法

楽天アフィリエイトの登録方法、商品リンクの貼り方

シーサーブログ登録方法・初期設定

シーサーブログのカスタマイズ方法・広告の消し方

シーサーブログ記事の書き方

 

 

図解マニュアル

グーグルアドセンスの登録方法

グーグルアドセンス、コンテンツ向け広告の作り方

インフォトップからの購入特典請求方法

ドロップボックスの登録方法

おきてがみの設置方法

3D-boxmakerの使い方

あし@の設置方法説明

ワードからPDFファイルを作る方法



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ