アドセンス許可サイト設定、不正利用を防止

グーグルアドセンスでは、

不正クリック、広告掲載禁止サイトへの、

アドセンス貼り付けを禁止しており、

 

この規約を無視するとアカウント凍結の恐れがあります。

しかしアフィリエイトを嫌う人はいるもので、

お金を儲けてる事に対する、妬みを持つ人もいます。

 

そう言った人が他人のコードをコピーして、

不正クリックをしたり、掲載禁止サイトへ貼る事で、

アカウント凍結に陥れる行為をアドセンス狩りと呼び、

一時期流行して被害が増えました。

アドセンス狩り対策、不正利用を防止する

アドセンス狩りが増えると、

広告を貼っても稼げなくなるので、

アフィリエイターがアドセンスを敬遠するようになります。

 

それでは広告掲載サイトが減ってまずい、

と言う事でグーグルは対策を行っています。

 

それがアドセンス許可サイトの設定です。

アドセンス許可サイトの設定方法

まずグーグルアドセンスの管理画面へ行き、

アカウント設定をクリックします。

2013y08m12d_150050844

 


ページをスクロールさせると、

アクセスと認証と言うのがあるので、編集を押します。

2013y08m12d_150129511

 


自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみ許可する、

と言うチェックボックスにチェックを入れます。

2013y08m12d_150159168

そして許可サイトの所にドメインを1行に1個ずつ入力します。

 

サイトURLではなく、ドメインを入力します。

例えば当サイトのURLは http://infokyuujyo.com/ です。

この場合ドメインは infokyuujyo.com になります。

 

自分がアドセンスを貼っているサイトでも、

許可サイトに入れてないと広告を、

クリックされても1円も報酬が発生しません。

 

新しくアドセンスを貼るサイトを作成した時は、

忘れないように、許可サイトに登録してください。

 

 

独自ドメインの場合はコレで問題ありませんが、

無料ブログの場合は、ドメインを借りてる状態なので、

この方法でも不正利用を防げません。

 

初心者にとって無料と言うのは大きいですが、

デメリットが多いので、アフィリエイトで稼ぐなら、

初期投資をしてレンタルサーバー、独自ドメインを、

取得する事を強くオススメします。



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ