アフィリエイト関連書籍は役に立たない、本は情報が古い

アフィリエイト関連書籍だけで、

稼げるようになるかについて書きます。

 

結論から言いますと、

書籍のみで稼ぐのは難しく効率が悪いです。

 

安いので本だけで稼ぐ事が出来たら良いのですが…

まあ書籍だけでOKなら情報商材は売れないですからね。

 

出版社が出すから安心

私はアフィリエイト歴7年ですが、

情報商材を購入し始めたのは最近で、

それまでは書籍を主体にしてました。

 

ネットだと適当な事を書いてる人も多く、

情報の質にバラツキがあります。

 

その点書籍なら出版社が出すので間違いない!

このように思ってた時期が私にもありました。

 

しかしアフィリエイト書籍もネットと同じように、

バラツキが多く精神論だけで具体性がない物もあります。

 

結局は書籍の情報を頼りに、

自分で工夫して実践する必要があるので、

当たり外れが大きく、効率が悪いです。

 

 

私の場合最初の4年間は 試行錯誤を繰り返す感じで、

ほとんど稼げてませんでした。

 

5~6年目はノウハウが出来てきたので、

月10万円前後稼げるようになりましたが、

今思うとめちゃくちゃ効率が悪いです…

 

 本は情報が古い

また書籍の欠点として情報が古い事が挙げられます。

 

書店の人はアフィリエイトに詳しくないので、

数年前の書籍が普通に平積みで置かれています。

 

書店にあるSEO関連の書籍を見ると出版日2008年とかザラです。

 

ネットは進化の速度が早いので、

古い情報は役に立たない事が多いです。

 

この点情報商材だと効率が良く、

新しい情報が多いので役に立ちます。

 

情報商材は怪しい

情報商材の良さに早く気付いていれば、

今頃はかなり稼げてたと思います、

ホント勿体ない事したな~と感じますね。

 

情報商材は怪しく高額である事から、

どうしても無難で安い書籍に頼りがちです。

 

特にアフィリエイト初心者の時は、

初期投資を避けて何でも無料で 実践しようとします。

 

その気持ちはすごく分かります 私がそうでしたから。

でもそれが間違いだったんですけどね(;^ω^)

 

どうしてもアフィリエイト本が良い人へ

どうしても書籍が良いと言う方にアドバイス。

 

本は一番最後に出版年月日が書いてます、

ここを見て新しい物を選びましょう。

 

古ければ古いほど役に立ちません。

 

特にSEO関連の書籍はダメです、

グーグルは1年でかなりアップデートします。

 

数年前通用してたテクが今だとスパム扱いで、

一発でインデックス削除とかあります。

 

遠回りをしないために

この1冊があれば大丈夫! と言うような、

軸となる書籍はないです。

 

しかしこれ1つあれば大丈夫! と言うような、

軸となる情報商材はあります。

 

遠回りした経験がある私としては、

書籍よりも情報商材をお勧めします。

 

効率良く、大きく稼ぐ、 時間を金で購入すると言う、

投資的な考えは大切ですよ(*^^)v

最新イチオシ情報商材を見る

アフィリエイトの基本

アフィリエイトとは

アフィリエイトのメリット・デメリット

アフィリエイトで月5000円以上稼ぐのは全体の5%

ASPとは

グーグルアドセンスとは

情報商材とは

アフィリエイト書籍は役立たず

アフィリエイトで月10万稼ぐまでの道のり

 

ブログ開設について

無料ブログのデメリット

無料ブログ徹底比較

無料ブログの選び方

サーバー、ドメインとは

 

記事の書き方

1ブログ1テーマ、1記事1テーマが基本

ターゲットに合わせた記事を書く

インプット・アウトプットの重要性

 

アクセスアップ

ブログのアクセスアップ

SEO対策とは

コメント回りをする理由

記事を増やしてアクセスアップ

アクセス解析とは

 

動画マニュアル

Gメール取得方法

ヤフーメール取得方法

楽天アフィリエイトの登録方法、商品リンクの貼り方

シーサーブログ登録方法・初期設定

シーサーブログのカスタマイズ方法・広告の消し方

シーサーブログ記事の書き方

 

図解マニュアル

グーグルアドセンスの登録方法

グーグルアドセンス、コンテンツ向け広告の作り方

インフォトップからの購入特典請求方法

ドロップボックスの登録方法

おきてがみの設置方法

3D-boxmakerの使い方

あし@の設置方法説明

ワードからPDFファイルを作る方法



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ