SEO対策なしでアクセスアップする方法

2013年9月末にグーグルがハミングバードと言う、

大規模アップデートをしました。

 

これにより9割のサイトに影響が出ました。

 

発表当時は情報が少なく、

「質の高い記事が上位表示されやすい」

 

このように言われてましたが、

具体的には体験談、自分の意見が入った、

オリジナルコンテンツが良いです。

 

体験談、自分の意見を書く

ホンダのフィットで例を出しますと、

 

・価格

・燃費

・カラー

 

こう言った情報は大事ですが、

これだけの記事を読むくらいなら、

メーカーサイトを見に行った方が良いです。

 

こう言った基本的な情報プラス、

体験談、自分の意見を入れましょう。

 

あなたがもしフィットに乗ってるなら、

 

・実際の燃費

・乗り心地

・エンジン音

・トランクの使い勝手

 

このような事が書けます。

 

でもこれなら雑誌でも書けますよね、

実際に所有してるからこそ書ける、

そんな体験談を書きましょう。

 

例えば以下のような感じです。

 

・どのくらい値引き出来たか

・発生したトラブル

・故障個所と頻度

・本音の感想

 

このような事はメーカーサイト、

雑誌では分からないので強みになります。

 

維持費があるので、

故障しやすいか否か気にする人はいます、

だから故障が少ないトヨタが売れるわけですし。

 

あと雑誌はメーカーとの癒着があるので、

オブラートに包んだ書き方をしてます、

そこをガチで書くわけです。

 

今までの経験上、

ガチで書くとファンが増えます。

ただ所有者からのアンチコメントも来ます、

人間自分の持ってる物の悪口は嫌うので。

 

しかしビビって当り障りなく書くと、

雑誌と同じような記事になります。

良い物は良い、悪い物は悪いコレが一番です。

 

小手先のSEOは終わった

昔はSEO(サーチエンジン適正化)対策で、

グーグルからのアクセス数を増やす。

 

訪問者がリピーターになるように、

質の高い記事を書いてました。

 

しかし今後は質の高い記事を書けば、

ダイレクトにSEO対策になります。

 

要するに良い記事を書けば稼げます。

逆に言うと、 中身がない記事は稼げません。

 

今までSEOテクニックだけで、

検索エンジン上位を取ってた人は、

今後消えて行くでしょうね。

 

初心者は 文章を書く事に慣れてないので、

なかなか上手く書けません。

 

良い文章を書くのは大変

私も始めは3~400文字が限界でしたが、

今だと普通に1000文字以上書けます。

 

文章力向上の近道は、

「学ぶ→書く」の繰り返しです。

 

何も考えずに書くよりも明らかに、

文章力アップの速度が速くなります。

 

そこで文章力をアップさせる講座を開講しました。

⇒ライディングラーニングコースの詳細はこちら



teage
かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

一人で悩まずお気軽にどうぞ^^


blue-toi


stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ